トップページ海外ニュース国内ニュース宗教協力世界連邦エスペラント
農・食・環境いのちを守る暮らし・文化連載・特集主張ゲストブック

 主張 Opinio

▣ 生きがいある人生を ▣ それぞれの天命に生きよう

(2007年9月号

わが国は年前、敗戦の廃墟から立ち上がり、その後驚異的な復興と経済発展を遂げた。現在の日本国民は物質的に極めて豊かな生活を営んでいる。世界で最も平和で幸福な国民と言えるであろう。

しかし、あり余るほどのモノに囲まれている反面、昨今は親子間の悲惨な事件や、お金目的の殺人や強盗事件が続発し、政治家・官僚の汚職、企業犯罪も増加している。

また、昨年の自殺者は全国で3万人、他人との接触を絶って暮らす「引きこもり」は120万人、学ばず、働かない若者「ニート」は万人をそれぞれ超える。これは、生きる意欲を喪失したり、生きる意味がわからない若者が驚くほど多いことを示している。

それでも人は皆、「幸せ」を求めている。幸せとは本来、「生きがい」そのものである。そして、「生きがい」とは、人が目的に向かって生きているときに感じる、張り合いや充実感である。それはお金や物質だけでは得られない精神的なものである。

人間は万物を創られた神から、使命(天命)を授かって生まれてきている。その使命を果たすことが人生の目的でもある。そして、その天命に従って生きることこそが、生きがいを感じる道なのであり、天命に反した生き方には生きがいはない。

その天命を知るには、心の表面的・刹那的な喜怒哀楽ではなく、各自の個性を生かし、心の奥に求め続けている課題(使命)を悟ることが肝要である。

では、なぜ神は人に天命を授けているのだろうか。
「人生の真目的は地の上に無窮の天国建つ るにありけり」(出口王仁三郎初代総裁)
 神の理想は、宇宙の全ての生き物が喜び勇んで暮らせる“地上天国”の創造にあり、人は各自に与えられた使命を正しく果たし、神の代理者として、地上天国建設にまい進すべきものとされる。

また、「天地(あめつち )の神の大道(おおじ)にしたがえば一さい万事楽しみとなる」(出口王仁三郎)とあるように、万物の創造主である神の示された大道を歩んでいるときは、苦難の中にいても、一切万事が楽しみとなる。

一方、人は利己的に生きていくとき、苦しみを伴うだけでなく、生きがいを感じることもない。神の理想(大道)は、利他的であり、世のため、人のためにつくす道であるからだ。

それぞれの天命に従って生きるとき、現実の生活に苦難が伴っていても、人は心の底から生きがいを感じるものである。

出口王仁三郎師はこの神の大道を具体的に『四大主義』として示した。それは、『清潔主義』=ねたまず、悔やまず、常に心を清らかにする。『楽天主義』=天命を知り、過去・未来を心配せず、現在にベストを尽くす。『進展主義』=常に積極的に物事を改善し、進展させる。『統一主義』=宇宙は全体の統一体で、統一は中心へ向かう調和の状態、家庭も社会も中心のもとに調和させる。

天から各自に与えられた使命は、それが大きいほど苦難も大きいもので、楽をして得られるものではない。その天命を知り、神の大道を歩む人が、真の生きがいを感じている人である。


ページトップへ
Copy Right: Jinruiaizen Shinbun