トップページ海外ニュース国内ニュース宗教協力世界連邦エスペラント
農・食・環境いのちを守る暮らし・文化連載・特集主張ゲストブック
 海外ニュース

「オユンナ基金」の事務所が全焼

モンゴル国会総選挙後の暴動で類焼

愛善基金から復旧支援金 9月16日に贈呈式

今年(2008年)7月、モンゴル国会議員選挙後、ウランバートルの中心部で選挙に対する不満からデモが起こった。デモは暴動にエスカレートし人民革命党本部への放火など、大きな爪痕を残した。この騒乱の中で、モンゴルの恵まれない子供たちの支援活動を続けている「オユンナ基金」の事務所も類焼を受け、全焼した。

オユンナさんへ(上)オユンナ基金への復旧支援金贈呈式で。左から、ツェデンダンバ人類愛善会モンゴルセンター会長、オユンナさん、松田達夫人類愛善会事務局次長。(下)デモ隊による焼き打ちの跡も生々しい人民革命党本部。オユンナ基金の事務所もこの近くにあった
人民革命党本部

これに対し、人類愛善会は同基金事務所への復旧支援として、愛善基金(30万円)の贈呈を決定。 被災後すみやかに人類愛善会モンゴルセンターからオユンナ基金に届けられた。9月16日、改めてその贈呈式がアズ・モンセンターにオユンナさんを招いて行われた。これに対しオユンナ基金からは、人類愛善会に対して下記内容の感謝状が贈られ、オユンナさんから松田達夫人類愛善会事務局次長に手渡された。

「感謝状」

人類愛善会様

 モンゴル国の未来を担う青少年のための我々の活動を応援し、災害に遭い、全てを失った当基金を暖かい心で支援して下さり、募金を集め、社会福祉に尽力していることに深く感謝していることをここに表します。

オユンナ基金
2008.09.04

ページトップへ
Copy Right: Jinruiaizen Shinbun