トップページ海外ニュース国内ニュース宗教協力世界連邦エスペラント
農・食・環境いのちを守る暮らし・文化連載・特集主張ゲストブック
 海外ニュース

ブラジル国会で「オマージュ」

大本・人類愛善会の活動を高く評価 

ブラジルの首都ブラジリアにあるブラジル国会議事堂
ブラジル国会

10月14日午前、ブラジル国会の「オマージュ」(敬意を表する式典)が催された。最初に、ブラジルの議長役の一人がポルトガル語で、「今回大本をブラジル国会に正式に招待し、ブラジル国家として『大本』を高く正当に評価し、その活動に敬意をささげ、ブラジル国家が『大本』を素晴らしい宗教団体であることを正式に『承認』をいたします」と宣言。

 

ブラジル国歌斉唱の様子
国歌

つづいて今回「大本」を国会オマージュに推薦し、この式典を準備・運営したバウテ飯星下院議員が演説に立ち、大本の開教にはじまり、出口王仁三郎人類愛善会初代総裁によるブラジル進出と、今日までの80 年余りのブラジルにおける大本・人類愛善会の活動を紹介し、大本の教えと活動を高く評価。“これからも大本はブラジルの繁栄と世界平和実現のために活動をつづけていく団体としてブラジル国会として大本を「オマージュ」したのです…”と、最高・最大の賛辞が贈られた。

このポルトガル語の演説を聴き、南米の会員は感激の表情であった。今年は大本南米本部が宗教団体としてブラジルで正式に承認(布教認可)されて50 周年。その節目の年、さらにはブラジリア創立50周年記念のこの年にブラジル国会で「大本」が“素晴らしい活動を行っている宗教団体”として正式に認められたことは非常に喜ばしいことであった(参照 「オマージュ」議事録)

国会の地下廊下に展示されている「人類愛善
会活動パネル展示」を見る出口紅人類愛善会総裁。この展示は人類愛善会の創立から今日までの活動、さらに最新のモンゴルセンター、大本インテルナツィーアの活動を紹介。
オマージュ


ページトップへ
Copy Right: Jinruiaizen Shinbun