トップページ海外ニュース国内ニュース宗教協力世界連邦エスペラント
農・食・環境いのちを守る暮らし・文化連載・特集主張ゲストブック
gastoj

今年(2008)12月24日、チベット人留学生のテンジン・トプジョルさん(横浜桐蔭大学2年)が、人類愛善会主催の第3回「チベット問題勉強会」に招かれた。

トプジョルさんは来日してまだ3年だが、日本語は堪能。今年8月に北海道で開かれた「あしわけ大本歌祭」にも参加。『世界の平和は 自分のためだけではなく 他者のために心をくばり 広く考えれば 大きな結果を得られる』との詩を献じていた。

この日の勉強会はクリスマス・イブに合わせ、パーティ形式で開かれた。子供たちも参加し、トプジョルさんと石ころを使ったチベットの遊びなどを楽しんだ。

チベット政府は1959年、中国の侵攻から逃れてインドに亡命。チベット亡命政府の発表では、現在世界に約13万4千人の亡命チベット人が暮らし、10万人がインドに暮らしている(2002年統計)。しかし、その数は今も増え続けている。

トプジョルさんは87年、亡命政府のあるダラムサラの近郊で、亡命チベット人の家庭に生まれた。現在21歳。父親の知人の招待で来日。学費・生活費をアルバイトで稼ぎながら、大学でアメリカ法を学んでいる。パスポートはインド政府発行の半民パスポートだ。

「私はインドで生まれ育ち、亡命世代の祖父母のような苦労を知りません。チベットの独立に対する特別も意識もありませんでした。しかし、留学してから、〝祖国を持たない人〟と言われ、自分の祖国を持ちたいと思うようになりました。その点でも来日してよかったと思います」と、若い世代としての率直な思いを語った。

また、「祖父母からチベットは信仰深く美しい国だと聞かされて育ちました。祖国を実際に見てみたいですが、中国に捕まる怖さがあり、帰れません。実際に私の友人も中国国境で捕まりました」と、厳しい現実にふれ、複雑な思いをのぞかせた。

「日本にも今、500人のチベット人が暮らしていますが、チベット人のデモに日本の皆さんが何千人も参加して下っているのを見て、私はとても感動しました」

チベット語、英語、ヒンディ語、日本語を話すトプジョルさんは、「将来は通訳者になりたいし、日本とチベットのために働きたい」と希望を語った。

>>> 人類愛善会ブログへ

トプジョルさん
亡命チベット人としての思いを語るテンジン・トプジョルさん

これまでの客様

ページトップへ