国内ニュース

2人(東京)への死刑執行に抗議

死刑執行の即時停止と死刑制度の廃止を

大本・人類愛善会

7月28日、東京拘置所で2人の死刑囚に対して死刑が執行された。これに対し、かねてから死刑制度に反対してきた宗教法人・大本、人類愛善会は抗議声明を千葉法務大臣宛に送付した。その内容は以下の通り。

平成22年7月28日

法務大臣 千葉 景子 様
 

『死刑執行に対する抗議声明』

本日7月28日に、東京拘置所で篠沢一男さん(59歳)と尾形英紀さん(33歳)の死刑が執行されたことは甚だ遺憾であり、ここに宗教法人大本並びに人類愛善会の声明を送付し、強く抗議します。

『声  明』

1 私たちは、法務省が本日7月28日に東京拘置所で篠沢一男さん(59歳)と尾形英紀さん(33歳)の死刑を執行したことに対し、強く抗議します。
 2 千葉法務大臣は昨年9月に就任以来、一貫して死刑執行には慎重な立場を表明されてきました。また、「死刑廃止を推進する議員連盟」のメンバーとして死刑制度に反対の立場をとっておられました。その千葉法相が今回唐突に死刑執行を行ったことに強い衝撃を覚えます。
 3 大本の教典には「神より見れば一人の生命も大地より重しとなしたもう」と説かれています。
 教祖出口王仁三郎は、かねてから死刑廃止を主張し、人間はかけがえのない存在であり、人の生命は、この世だけで終わるのではなく、その肉体は滅んでも死後も霊魂は消滅せず、永遠に生き続けるものと説かれています。
 4 大本における死刑廃止の理念は、霊魂の永遠不滅観に立脚し、現世における遷善悔悟の霊魂的救済こそ、神の慈愛と赦しのもとに、万人が救われるという人類愛善の思想に基づくものであります。死刑を執行することは、本人の更生の機会を完全に奪うものであり、また被害者やその遺族の方々への心よりの謝罪の機会をなくすものです。
 5 私たちは、死刑廃止を強く主張する立場から、死刑制度の見直しを求めています。今回、法務大臣が死刑制度の存廃を含めて検討する勉強会を法務省内に立ち上げるとの意向を示されましたが、勉強会が確実に設立され、死刑制度に対する国民的議論が高まることを強く希望します。
 6 今日の社会における生命軽視の風潮には目を覆いたくなるものがあります。法務大臣の務めとは、自ら率先して人間の生命を絶つことではなく、死刑執行を停止し、生命軽視の風潮を自ら正すことではないでしょうか。
 私たちは死刑執行の即時停止と死刑制度の廃止を強く要望します。

〒621-8686 京都府亀岡市荒塚町内丸1番地
宗教法人大本代表役員
人類愛善会会長
田賀 紀之

ページトップへ
Copy Right: Jinruiaizen Shinbun