トップページ海外ニュース国内ニュース宗教協力世界連邦エスペラント
農・食・環境いのちを守る暮らし・文化連載・特集主張ゲストブック
 国内ニュース

 「農は土作りが基本」と強調

人類愛善会創立記念祭典・記念講話

島本光久 社団法人愛善みずほ会理事

人類愛善会創立記念祭典は6月5日、亀岡市の天恩郷において月次祭に併せて執行された(注:人類愛善会の創立記念日は6月9日)。祭典では、斎主により「天恩郷月次祭ならびに誕生祭祝詞」「人類愛善会創立記念平和祈願祝詞」が奏上された。
 祭典後、島本光久社団法人愛善みずほ会理事による人類愛善会創立記念講話「今こそお土の心を―日本の進むべき道を探る―」が行われた。
 島本光久講師はまず、お土の大切さについて説かれた大本のみ教えを紹介。次いで、㈳愛善みずほ会の歴史や日本農業の歩みを解説。現在問題となっている放射能の土壌汚染や化学肥料に頼り土壌が弱った農地の現状に触れ、これからの農業は、本来の土のもつ力を取り戻すことが大切であると、微生物による土作りの有効性、重要性を述べた。

島本光久
社団法人愛善みずほ会理事
shimamoto

 

ページトップへ
Copy Right: Jinruiaizen Shinbun